eラーニングによる人材教育の可能性について

人材教育の課題について

人材を採用する際の課題として、期待通りの人材に育たなかったり、直ぐに辞めたりすることが挙げられます。また、忙しい職場の場合は、充分な社員教育が行えなかったり、社員教育がマンネリ化しているケースも多くあります。加えて、集団研修にはコストもかかるので、費用対効果が期待できない等の問題もあると言えます。従業員の募集費用から一人前への育て上げ費用を合算すると、その額は確実に跳ね上がるので、社員教育に失敗すると会社の運営にも支障をきたすことになります。

ネットを使った学習法

現在、最先端の従業員教育法として、eラーニングが注目されています。当学習法は、広い意味ではCDやDVD等の教材学習が含まれますが、日本で急速に広まっているのがネット環境を利用したWBT(Web Based Training)という仕組です。この学習法のメリットは、パソコンと通信環境が整っていれば、場所を選ばす何時でも実施できることです。好きな時間に、自分のペースで学べるので、時間的な制約がなく、心理的負担も少ないのも特長になっています。モバイル機器を利用すれば、電車内など通勤時間も有効活用でき、効果的な学習に繋がります。

繰り返し学習の効果について

eラーニングを使った社員教育を実施すれば、コストの大幅な節約にもなり、会社の負担が軽減されます。集団研修のように、設備が整った場所を確保する必要もないのもメリットです。社員研修では講師の選定が重要になりますが、eラーニングでは、社員研修で実績のある評判の高い講師が専任されるので、質の高い学習が出来るわけです。また、繰り返し学習が可能なので、要点を反復することで、重要なポイントを身につけることが出来ます。

eラーニングの学習計画を立てるにあたり、信頼度の高い運営会社のサポートの良しあしを見定めることが重要です。