タクシー運転手としての仕事についてのこと!

人を運ぶことが仕事になります

タクシー運転手というのは当然ではありますが人を運ぶことが仕事になります。ですから、安全運転を心がけることが重要になります。そして、それは通常の運転免許で出来るわけではないのです。それこそが二種免許と呼ばれているタクシーを運転することができるようになる免許です。難しいとされていることは確かではありますが、普通に努力をすれば問題なく取得できることでしょう。先天的に運転が下手とかそうしたことがない限りは問題ないです。

稼ぎはどの程度であるのか

何処でタクシーの運転手をするのか、ということによってやはり違うことは色々とあるのですが稼ぎに関しても大きな違いがあります。一応は3万円が最低ラインとされています。上手く稼ぎを出す人は8万円とかそうしたレベルになります。日商としては3万でも凄いのでは、と思うかもれませんが、まず半分は会社の取り分になります。その上、基本的に18時間から21時間程度働きますから、次の日は休みになります。つまりは、一日ではなく、二日の稼ぎなのです。

それでも良い仕事ではあります

それでもとても良い仕事であることは確かです。接客業ではありますが、運転をして送り届ける、という基本的な部分はそんなに難しいことではないです。今はカーナビゲーションがありますから、それで道が分からないとしても十分に運転することができるでしょう。そうした意味では昔よりもハードルが下がっていると言えます。但し、はっきりいって過当競争の時代になっていますから、その点においては覚悟しておいたほうが良いでしょう。

役員運転手の仕事は企業や公的機関の役員を朝夕の送り迎えに始まり、乗車される方のスケジュールに従って運行することです。